AGA治療の切り札

自毛植毛をする方の脱毛の原因のほとんどがAGAと言われるものです。
AGAとは、男性型脱毛症で、男性ホルモンの影響で薄毛になったり、脱毛の症状が現れます。
特徴として、前頭部から頭頂部にかけて脱毛することになります。

AGAの場合、頭全体が脱毛するのではなく、側頭部は普通に毛がある状態で、位置的には真ん中だけ脱毛してしまう形になります。
そして、毛周期の中で成長して毛が伸びる時に、活動できなくて、休止期などに毛が抜けたままになる、生えた毛が細く短くなってしまうことで、脱毛状態から抜け出すことできなくなってしまいます。

男性ホルモンが原因ということで、脱毛箇所の治療だけではなく体内からのアプローチも必要になりますから、正常な頭髪になるにはかなりの長い時間がかかりますし、加齢とともに回復が遅れます。

AGAの治療は粘り強く内服薬や外用薬で様子を見ていくことになりますが、最後の切り札としては自毛植毛がお勧めです。
加齢とともにAGAの症状は進んでいくことになります。
自毛植毛は側頭部に残る自毛を植毛することで、そこに定植させることができれば。
そこからの発毛が期待できます。

内服薬や外用薬でなかなか効果がでない時には、自毛植毛をすると、その後の発毛もある程度お約束できることになります。
自分の毛ですから、自然発毛ができる上に、側頭部との違いもなく、自然な仕上りになります。
ただし、すぐに自毛植毛ではなく、ある程度治療を進めてからの話になることが多いです。


■特別紹介サイト
最先端の植毛手術を受けることが出来る専門のクリニックです ⇒ 植毛手術

Copyright © 2014 自毛植毛とAGA All Rights Reserved.